歯周病が引き起こす全身の影響について

糖尿病、早期低体重児出産……歯周病が原因にも?

近年、歯周病が全身に与える影響、また別の症状が歯周病に与える影響についての研究が進められています。歯周病と関連があるといわれている症状には次のようなものがあります。

狭心症・心筋梗塞(虚血性心疾患)

歯周病の人は、歯周病ではない人と比べて心疾患を発症するリスクが高いといわれています。歯周病の細菌や歯周炎の炎症物質が冠動脈に影響を与えると考えられています。

誤嚥性肺炎

歯周病の人は、歯周病ではない人と比べて誤嚥性肺炎のリスクが高いといわれています。病気や加齢によって生理的機能が衰えると、誤って食べものや唾液が気管に入ることがあり、その唾液中に含まれる歯周病菌などの細菌が肺炎を引き起こすことがあるからです。

早期低体重児出産

歯周病の妊婦さんは、歯周病ではない妊婦さんに比べて低体重児出産や早産する確率が高いといわれています。また、歯周病による炎症物質がへその緒を通じて胎児に悪影響を与えるとも考えられています。

骨粗鬆症

閉経した女性はホルモンバランスが崩れることから骨粗鬆症の発症率が高くなります。歯周病を発症した場合、その進行過程に重大な影響をおよぼします。

糖尿病

歯周病の人は、歯周病ではない人と比べて糖尿病を進行させるリスクが高いといわれています。また、糖尿病の人が歯周病になるリスクも高いといわれています。

糖尿病は歯周病を発症・悪化させる?

糖尿病患者に歯周病の発症リスクが高いことは昔から知られており、歯周病は糖尿病の合併症の一つといわれてきました。糖尿病により高血糖が続くと毛細血管がもろくなり、細菌に感染しやすくなることや、白血球の機能低下や唾液分泌量が減ることで口腔内が乾き、細菌が増殖しやすくなることで、歯周病を発症しやすくなると考えられています。また、高血糖状態では炎症反応を促す働きを持っている炎症性サイトカインが多量に産生され、歯周病の炎症を悪化させてしまいます。

全身の健康に歯科ができること~歯周病の予防が生活習慣病の予防に~

歯周病が与える悪影響について見てきましたが、これとは逆に歯周病の症状改善が他の症状の改善につながることも知っておくことも必要なのではないでしょうか。歯周病を悪化させてしまう炎症反応を促す働きを持っている炎症性サイトカインは、歯周病を治療し病原性細菌を取り除くと、産出が抑えられるのです。その結果、血糖値を下げるインスリンの働きが正常に戻り、血糖コントロールが改善されるという結果も得られています。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を治療・予防することで、全身の生活習慣病を予防することにつながるのです。

口腔内のケアを自分一人で行うのは難しいといわれています。定期的に歯科医を受診して口腔ケアを受け、しっかりと対策を講じましょう。

「おさらぎ歯科」の歯周病治療について

Pagetop