治療方針・治療の流れ

「おさらぎ歯科」の歯周病治療・予防への姿勢

歯周病は、歯を失う原因の第一位です。虫歯と違い、かなり進行しないと自覚症状が出ないために、気づいたころには大がかりな治療が必要となることが多くなります。ですが、こうした怖さを知っている人がまだまだ少ないのが現実でしょう。

「おさらぎ歯科」では、より多くの方が歯周病に対する知識を正しく身につけ、深刻な状態になる前に治療や予防を始めることが大事であると考えています。歯周病が疑われる、歯周病を予防したい、とお考えの方は一度、当院にご相談ください。

歯周病治療の流れ

1.歯ぐきの検査

  • 精密な検査を行い、歯と歯ぐきの状態を把握します
  • レントゲンを撮って顎の骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして、歯周病の程度を調べます
  • ブラッシングの重要性をご説明し、正しいブラッシング方法の指導を行います

2.検査後1ヶ月間

  • 歯石の除去を定期的に行い、歯ぐきの改善を目指します
  • 初診から1ヶ月が経過した時点で再度検査を行います

3.状態の確認と治療計画

  • 状態が回復したら、メインテナンスに移行します
  • ご自宅で正しいブラッシングを行い、定期的なメインテナンスを受けることで健康な状態を維持しましょう
  • 改善が見られない場合は、治療計画を立てて本格治療をスタートさせます
  • 治療が終了した時点で再度検査を行い、状態を確認します

4.メインテナンス

  • 状態が回復したら、メインテナンスに移行します
  • ご自宅で正しいブラッシングを行い、定期的なメインテナンスを受けることで健康な状態を維持しましょう

「おさらぎ歯科」の院長・スタッフ紹介はこちら

Pagetop