歯周病で歯を失った方へ

歯周病で歯を失ってしまった……そんな方へ

歯周病などで歯を失ってしまった場合、できるだけ早く補う必要があります。補綴治療として、当院では「インプラント」「義歯(入れ歯)」「ブリッジ」をご提案しています。

3つの補綴治療

インプラント
チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込んで、しっかりと結合させた後に人工歯を被せる治療です。顎の骨と人工歯根が完全に結合するため、硬いものでもしっかり噛めます。

インプラントについてはこちらもご覧ください

義歯(入れ歯)
もっとも普及している失われた歯を補う治療です。手軽に取り外しができるというメリットがあります。とはいえ、金具や「入れ歯」としての境目が目立ちやすく、噛み心地が良くないというデメリットがあります。
ブリッジ
抜けてしまった歯の両側にある残った歯を削り、ブリッジと呼ばれる人工歯を“橋を架け渡すように”嵌め込みます。健康な歯を削らなければならないことや、失われた歯の部分の顎の骨が痩せていくという欠点があります。

【治療法の比較】

治療法 インプラント 義歯(入れ歯) ブリッジ
費用 高い 安い 比較的安い
外見 自然 目立つ 目立ちにくい
噛み心地 天然歯に近い 不自然 義歯よりも自然

残りの歯をいかに守るかが重要です!

治療の目的

部分的に歯が残っている場合、治療の目的は以下のようになります。

  • 残っている歯や顎の骨、関節などの周囲関連組織を保護
  • 咀嚼(そしゃく)、発音機能や審美性の低下を回復
  • 患者様のQOL(生活の質)の回復
重要なこと

治療を進める上で重要なことは、次のような事項です。

  • 下顎位(下顎の位置)
  • 噛み合わせ
  • 噛む力の配分
  • 残っている歯のコントロール
  • 顎の骨のコントロール
  • 円滑な総入れ歯への移行
  • 戦略的な抜歯(歯を抜く事)とインプラント
戦略的抜歯

部分的に残った歯でも、咬合に不安を感じながら使用していては、本質的に患者様の口腔機能の助けにはなりません。また、周囲歯槽骨の吸収や顎の位置の不正を招く要因となるので、積極的な抜歯も検討する必要があります。

歯が抜けてしまったら、
なるべく早く「おさらぎ歯科」までご連絡ください

Pagetop