歯周病の治療方法について

初期歯周病治療について

初期段階で歯周病を発見できれば、治療も簡単に済みます。初期の歯周病治療には次のような方法があります。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

自分では落としきれない歯の汚れを、歯科医や歯科衛生士が専用の機器を使用して綺麗にクリーニングする処置です。専用の研磨剤によって、徹底的にプラークを除去します。最後にフッ素塗布による歯をコーティング。1~2時間で治療は完了します。

レーザー治療

レーザーを照射することで、歯周病の原因である細菌を減らします。痛みもほとんどなく、外科手術に比べて治療期間が短いのが大きな利点です。

重度歯周病治療について

歯周病を放置しておくと、細菌はやがて歯を支えている顎の骨まで破壊してしまいます。歯がグラグラするようになり、歯ぐきが黒ずんだり、大量に溜まった膿によりブラッシングで激痛が走るようになります。

重度の歯周病治療(歯周外科)を行う歯科医院は多くないという現状のなか、当院では重度の歯周病にかかってしまった方に向けた歯周外科に対応しています。

GTR法(guided tissue regeneration)

「組織再生誘導法」とも呼ばれる歯周外科治療です。

歯周組織を再生させるにあたって、歯肉が顎の骨の再生を邪魔してしまうことがあります。それは、歯肉の再生が顎の骨の再生よりも速いため、顎の骨が再生すべき箇所に先に再生した歯肉が入り込んでしまうから。

これを防ぐために、「メンブレン(膜)」を歯肉と顎の骨の境界に挿入し、顎の骨が再生できるようにします。

エムドゲイン法
ブタの歯胚から抽出した骨を再生させる物質「エムドゲインゲル」を、顎の骨を再生させたい部分に注入する歯周外科治療法です。エムドゲインはGTR法におけるメンブレンと同様に、先に再生してくる歯肉が骨の再生部分に入りこむのを防ぐ働きをします。

重篤な歯周病の治療方法はこちらから

Pagetop