女性は歯周病にかかりやすい?

女性のほうが歯周病にかかりやすい?

病気の中には、男性患者と女性患者のどちらか一方が圧倒的に多いというものが多くあります。たとえば、乳がんや更年期障害は女性に多く発症し、男性の発症率は低確率です。歯周病もその男女比に違いがある病気のひとつで、女性のほうがかかりやすいといわれています。

女性のほうが歯周病にかかりやすい原因

もっとも考えられる原因が、女性ホルモンの影響です。女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)は、歯周病の原因であるプラークに潜む細菌と密接に関わっています。女性ホルモンの増加によって歯ぐきの血液循環が促され、刺激に対して敏感になるために炎症を起こしやすくなるのです(ホルモン多量分泌によって起きる歯周病を、「ホルモン性歯肉炎」ともいいます)。女性は月経、妊娠、出産、閉経と、男性よりもホルモンの影響を大きく受けるために、生涯を通して歯周病にかかりやすい時期が3回あるといわれています。

女性ホルモンの変動で、さらに歯周病にかかりやすい体質に

歯周病菌の中には、女性ホルモンを特に好んで繁殖する菌が存在します。そのため女性ホルモンの変動で、より歯周病にかかりやすい体質になることがあるのです。月経前など、ホルモンバランスが大きく変わる時期は、歯ぐきが腫れたり、うずいたりすることが多くなるといえるでしょう。

【歯周病にかかりやすい時期】

思春期

思春期には、女性ホルモンの量が増加します。この影響で歯肉が敏感になり、歯肉の腫れ・発赤など歯肉の炎症(歯肉炎)が生じやすくなります。

妊娠中

妊娠によりホルモンバランスに変化が起こります。妊娠中は歯肉炎や歯周病が悪化しやすく、歯肉の腫れや発赤などが生じやすくなります。妊娠中に重度の歯周病を発症していると、早産や低体重児などの危険性が高くなることが分かっていますので注意が必要です。

閉経

閉経による卵巣機能の低下により、女性ホルモンの量が減少します。その結果、骨密度が低下します。顎骨の骨密度低下や炎症を引き起こす物質の産生が促進されることで、歯周病が悪化してしまいます。

歯周病のお悩みはひとりで抱え込まず、お気軽にご相談を

Pagetop